PR
スポンサーリンク

定額減税2024パート主婦は対象?扶養外と扶養内でどう違うのかと二重取りにならないかも調査!

スポンサーリンク
くらし
スポンサーリンク

2024年6月から始まる『定額減税』

ちょっと制度が複雑なのと、パート主婦の方は、扶養内・扶養外でも対応が変わってくるので、「私はどうなるの・・・?」と心配に思っている方も多いのではないでしょうか。

この政策がどのように影響を与えるのかはかなり大きな関心事ですよね。

そこで今回は定額減税2024はパート主婦にどのような影響があるのか、

  • 定額減税2024パート主婦は対象になる?
  • 定額減税2024パート主婦103万以上の扶養外と103万未満の扶養内でどう違う?
  • 定額減税2024パート主婦は二重取りにならない?

などの項目でご紹介していきたいと思います!

最近お子さんが生まれたという方はこちらも!
↓↓↓

スポンサーリンク
スポンサーリンク

定額減税2024パート主婦は対象になる?

2024年に日本政府が導入する定額減税は、多くの家庭に一息つけるチャンスをもたらすことが期待されています。

この減税措置の基本条件は、2024年6月1日現在で給与を受け取っている「居住者」であることです。

ここでいう「居住者」とは、日本国内に住所があるか、または1年以上国内に居住している人々を指します。

つまり、パート主婦の方も条件によっては対象になるということですね。

では、実際に扶養内・扶養外でどのような違いがあるのか、見て行きましょう。

スポンサーリンク

定額減税2024パート主婦103万以上の扶養外と103万未満の扶養内での違い

パート主婦が年間103万円を超える収入を得る場合、税法上の扶養から外れ、自身の収入に対して直接税負担がかかります。

具体的には、年収103万円を超えたパート主婦の場合、所得税から30,000円、住民税から10,000円が控除されるため、手取りが増えます。

ふーでぃー
ふーでぃー

具体的にはどうなるのか見てみましょう!

計算例:

  • 年収103万円未満: 扶養内で働くパート主婦の場合、所得税の控除は配偶者を通じて行われるため、直接的な税負担の変動はありません。
  • 年収103万円超: 扶養から外れた場合、所得103万円に対する所得税率が5%であれば、年間5,150円の所得税が発生します。定額減税によりこの金額が控除され、追加で手取りが増加します。

ただ、さまざまなケースが想定されるので、私たちだけでなく、企業側でも混乱が生じる可能性が高いのではないでしょうか。

ですので、適切な定額減税が行われているかどうかについては、源泉徴収票や住民税通知書を見て確認したほうが良さそうです。

それでも心配な方は、税理士など専門家の方に相談するのもいいかもしれませんね。

では、次はちょっと気になる情報を見てみましょう。

スポンサーリンク

定額減税2024パート主婦は二重取りにならない?

先ほどご紹介した2番目のケース。

妻の給与が103万円であれば夫の扶養なのですが、住民税は6500円発生します。

そうなると、定額減税で引かれるはずです。

ということは、夫の方で引かれているにもかかわらず、妻も6500円引かれるという減税の二重取りになるのでは・・・・?という問題が起こる・・?

これについては、実は総務省から回答が出ていて、「(このようなケースの配偶者は)納税義務者の所得割から減税されるとともに、納税義務者本人としても減税される」との記載が。

え・・・・?つまり、二重取りになることもある、ということなのでしょうか?

さらに、「控除し切れない額がある場合は、調整給付金が支給されることとなる」と書いてあるので、住民税の定額減税は1万円の減税だから、最低でもプラス3500円の給付金がもらえると思われます。

つまり、パート主婦の方は103万未満でセーブするよりそれ以上稼いだ方が得をしちゃう・・・?

ふーでぃー
ふーでぃー

どういうこと??こんなことって起こりうるの??

ちょっとこの部分は謎のようです。

いろいろな専門家の方のサイトも調べてみましたが、皆さんこの部分について混乱されているようです。

基本的には定額減税のシステムでは、一人の個人が複数の収入源から二重に減税を受けることはないはずです。

パート主婦が自身の所得で定額減税を受けている場合、その情報は配偶者の年末調整で考慮されるため、重複して減税を受けることはできません。

このため、正確な扶養控除等申告書の記入が重要となってくるわけですが、ただ、上記のようなことが考えられるという点はちょっと混乱するところですね・・・。

では、最後に今回の定額減税制度の概要を見て行きましょう。

スポンサーリンク

定額減税2024の概要

ふーでぃー
ふーでぃー

今回の定額減税について、気になるポイントを見て行きましょう!

2024年の定額減税は、日本政府が実施する一時的な税制措置で、低所得者層を中心に広範な家計の負担を軽減することを目的としています。以下はその主な概要です。

定額減税の目的

この措置は、COVID-19(つまり新型コロナウィルスですね)パンデミック後の経済的影響から回復を図り、特に消費を刺激するために設計されました。

物価の上昇や経済の不確実性に直面している家庭に対する直接的な財政支援を提供することで、家計の財布に余裕をもたらし、経済全体の活性化を促進することが期待されています。

対象者

定額減税の対象となるのは、令和6年分の所得税及び住民税の納税義務がある居住者です。

これには個人が主たる対象となりますが、家族構成によって受けられる減税の総額は異なります。

減税額

  • 所得税: 対象者一人につき30,000円の減税。
  • 住民税: 対象者一人につき10,000円の減税。

適用期間

この減税は2024年の一年間限定で適用されます。

所得税に関しては2024年6月1日以降に支払われる給与から適用が開始され、住民税は2024年度分(2024年6月から2025年5月まで)の税額に適用されます。

手続きの必要性

一般的に、定額減税の適用は自動的に行われるため、特別な申請をする必要はありません。

給与所得者は、給与の源泉徴収時に自動的に減税が適用されます。

自営業者やその他の所得がある個人は、年末調整や確定申告を通じて減税が適用されます。

影響

経済分析によると、この減税措置は消費支出の増加を促す可能性がありますが、その効果の持続性には限界がありますよね。

そのため、政府はこの一時的な措置に加え、持続可能な経済成長を支えるための他の政策を同時に推進する必要がありそうです。

スポンサーリンク

まとめ

さてここまで、定額減税2024のパート主婦について、扶養内・扶養外の違いや、二重取りになる可能性などについてご紹介してきました。

2024年の定額減税は多くの人々にとって重要な支援策となるでしょうが、その利用方法や影響について正確な情報を得ることが重要になってきそうです。

専門家の方たちもかなり混乱しているようなので、私たち一般人はさらにちょっと理解するのは大変。

新しい情報が入りましたら、また更新する予定ですので、ぜひまたチェックしてみてくださいね!

何歳までのお子さんが対象?うち今年生まれたんだけど・・・という方に

コメント

タイトルとURLをコピーしました