セミナー / イベント

セミナー
2021/4/5

球団初上場の琉球アスティーダ代表 早川が語るマーケティング/セールス戦略 大公開〜3年で最短上場を成した理由とは〜

多くの企業では新年度を迎え、新たなメンバーやチーム体制でスタートされる方もいらっしゃるのではないでしょうか。2021年はどの企業にとってもデジタルの活用が大きく進む1年となることが想定され、セールス/マーケティング活動を通じた顧客との関係づくりがビジネス成長の大きな鍵になることと思います。セールス/マーケティングで成功を収めていくためにはどのようにすればよいか。
そのヒントを、これまでデジタルを活用し販促活動を加速させてきた、球団初上場の琉球アスティーダ 早川 代表取締役にお聞きします。

プログラム

  • BtoBセールス/マーケにおける3つのポイント
    1. インサイドセールスとフィールドセールスの分業制
    2. 時代にあったプロモーション方法の変遷
    3. 昔から変わらない商品のPRの本質
  • マーケティングをシステムに落とし込むにあたってのプロセス
  • テクノロジーの活用方法

登壇者

琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社
代表取締役

早川 周作

大学受験直前に家業が倒産、父親が蒸発し家財をすべてを失い無理心中寸前まで追い込まれるが、前向きな上昇志向で、大学進学を目指して上京。
朝の新聞配達から深夜の皿洗いまでアルバイトをして、学費を作り明治大学法学部に進学。大学在学中の20代前半から、学生起業家として数多くの会社の経営に参画して活躍する。その後、元首相の秘書として約2年間勉強し、28歳で国政選挙に出馬、次点。
経営者に戻ってからは「日本のベンチャーを育てる」という意志の下、日本最大級の経営者交流会を全国で主催。著書として『人生が変わる!「夢・実現力」』『小さい夢から始めよう。』がある。経済紙、新聞その他のメディア露出多数。

2012年10月より日本経済新聞の子会社、ラジオNIKKEIで全国ネット冠番組「タイムリー・トークショー早川周作Co-Lab」に出演。30分の番組内では時事ニュースへのコメントやHISの澤田秀雄会長その他の有名経営者、また現職大臣、知事等を迎え時事対談を繰り広げた。
2018年2月、琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社を設立し、代表取締役に就任。
明治大学MBAビジネススクール講師・琉球大学客員教授等業種業界を超えた幅広い分野で活躍している。

モデレーター
Marketing-Robotics株式会社
統括責任者 執行役員

岩瀬 陽平

大手人材会社にて累計約7000社を超える企業へ人材サービスの提案営業。退職後、地元の雇用創出を目的に、2018年2月に一般社団法人SPTを設立。
同時にMarketing-Robotics株式会社(当時タクセル社)と事業提携を開始。地方の課題に向きあい、社会の構造変革を行うべく、2018年08月に正式に執行役員として入社。
複数のMAツールを用いて数十社の営業コンサル/運用代行を経て、現在は全国へ広がる弊社FC加盟企業様の新規事業コンサルティングを行っている。

詳細

【日程】
2021年4月20日(火)14:00-15:00
【視聴方法】
オンライン開催(ZOOM)
【参加費】
無料
【使用するウェビナーツール】
Zoomを利用してのウェビナー開催となります。
当日、ウェビナー参加用のZoomのURLを発行させて頂きます。
【お問い合わせ】
03-4405-6609(マーケロボ社代表電話)
【備考】
※同業他社の参加はご遠慮くださいませ。

事前準備としてZoomサイトへアクセスしログイン後、Zoomアプリをダウンロードしていただく必要がございます。
ご参加される方は、以下リンクを参考にしていただき、セミナーまでに対応を完了いただきたくお願い致します。
<Zoomユーザーガイドはこちら>
Zoomアプリの開始方法はこちら