PERFORMANCE IMPROVEMENT SEMINAR

「既存のサービスに大口顧客がいて、長年付き合いをしているから心配ない。」
そう考える、中小企業様は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

一見、聞こえがいいようですがこれは「現状維持」であり、言い換えるなら「衰退」です。
近年、多くのサービスが生まれ、多くの情報が飛び交い、「デジタル化」や「グローバル化」が進み経営環境は大きく変化しました。
こういった状況の中、お客様が必ずしも自社の商品を買い続けてくれる保証はどこにもありません。
今回訪れた新型コロナウイルスのように外的要因によって、絶望に追い込まれてしまう企業も少なくありません。
では、どうすればこのような状況から打破できるのか。

今、私たちに求められるのは「現状維持」ではなく「業績の向上」です。
特に最近は、「効率化で経費削減」といったデジタルツールばかりではなく「利益を上げる」ためのデジタルツールも出てきました。
ある一定の企業は、自分たちで調査を行い早期にデジタル化の重要性に気づきます。
そして、それに気づいた中の勇気ある経営者は、早くからデジタルツールを導入し、

・6ヶ月で売上を落とさずにテレアポを0件
・2ヶ月で商談数が前月比150%向上
・セミナー実施後の成約が2倍

などの、成果を実現します。
これは、実際にあった話です。
IT(デジタル)投資を行っている企業と行っていない企業の直近 3 年間平均の売上高、経常利益率を業種別に比較したこちらの資料に
基づけば、成果が出ることはあきらかです。

弊社(理研産業)も、8年前からデジタルツールを導入して営業体制のデジタル変革を進めてきました。
その中で実際に起こった課題や、実現した成果なども踏まえて、本セミナーでは赤裸々にお話し致します。
世の中には様々な売上を上げる施策があり、様々デジタルツールがありますが、結局それを使いこなし運用できなければ
全く意味がありません。

そういった意味では、今回ゲストでお呼びしている「マーケロボ」は、運用代行コンサルティングモデルという非常に意義のある
活動を行っています。
130社以上のデジタル営業変革を伴走してきた中から、共通した課題を当日はお話しいたします。

これから、デジタル変革するにあたり、その施策/ツールが良いのか悪いのかを判断し、意思決定ができるようにするためにも、
本セミナーをご活用ください。

こんな方におすすめ

  • 属人的なアナログ営業を卒業したい方
  • コロナにも負けず業績を上げ続けたい方
  • 法人集客を強化したい方
  • 成約率の高い商談数を増加させたい方
  • オンラインを活用した営業体制を構築したい方
  • 自社に最適な営業ツールを知りたい方

プログラム

タイムテーブルDAY9月9日(水)
TIME15:00~17:00
第1部 デジタル営業とは?
(マーケロボ:田中)
第2部 成功する営業効率化
ツールの導入方法
(マーケロボ:田中)
第3部 事例から学ぶ
デジタル変革をする際の障壁と解決策
(理研産業:牛尾 × マーケロボ:田中)

登壇者紹介

  • Marketing-Robotics株式会社

    田中 亮大

    2008年大学卒業後、外資系製薬会社に入社。その後、複数社のITベンチャー企業創業/経営に関わる。日本最大の経営者動画メディアの営業統括や、営業用ウェブ会議システム(SaaS)の販売会社社長など。

    2016年にMarketing-Robotics社(旧タクセル社)を設立し、インサイドセールスBPO事業、CRM・MA導入コンサルティングを行い、現在は、約6億円の資金調達を実施し自社MA(マーケティングオートメーション)ツール「マーケロボ」を開発し運営している。

お申し込みフォーム

入力された個人情報は弊社及び共催企業で共同して管理いたします。
なお、ご登録いただいた情報は各社プライバシーポリシーに定める利用目的の他、
共催企業のマーケティング活動に利用させていただきます。

各社プライバシーポリシーはこちら

入力された個人情報は弊社及び共催企業で共同して管理いたします。
なお、ご登録いただいた情報は各社プライバシーポリシーに定める利用目的の他、
共催企業のマーケティング活動に利用させていただきます。