【セミナー:都内】マーケティング×恋愛~3年間独りだった僕に彼女をもたらしたマーケロボ流マーケティングの極意~

終了
2019/6/17

【セミナー:都内】業界初!?マーケティング×恋愛~3年間独りだった僕に彼女をもたらしたマーケロボ流マーケティングの極意~

2018年7月@新宿/歌舞伎町。

華やかなネオン街を抜けた先にある、 一見は辿り着かない知る人ぞ知る高級会員制クラブ。
私は、このお店でボーイとして働いていた。

さすが歌舞伎町、働く女の子のレベルは高い。
毎日4-5名の入店希望者が来るが、顔面レベルで落とされる。
選りすぐりの女の子しか入店できない。

その結果、お客様の質も高い。
ほとんど社長、誰もが知っている会社の会長なども見かける。

毎日、金持ちと美女が楽しそうに話すのを見ながら、
理不尽な上司の叱責や長時間の労働に耐え、
必死に作り笑いを浮かべる日々を過ごしていた、
当時28歳の私はふと思った。

「一体、自分は何をやっているのだろう・・・」

私は、生まれも育ちも石川県。
初夏には蛍が舞い、川にはメダカが泳ぐ、
そんな自然豊かな環境で、暖かい家族や親族、いい友人に囲まれて育った。

夏には沼でザリガニをとり、冬には雪でカマクラや滑り台を作って朝から晩まで遊ぶ。
自然に囲まれ、丈夫で健全な成長を遂げました。
いや、正確には、そう思い込んでいた。

決定的に欠けていたことがある。
私の青春時代には、人生の華ともいうべき恋愛が抜け落ちていた。

結果、生まれてから18年間、彼女どころか女友達すらおらず、青春時代はまさに灰色。
18年間の話し相手の95%が男子だった私にとって、女子との会話はイメージが掴めないというか、もう、恐怖レベル。

それでも、人生変えたく大学デビューで別人になると自己洗脳し初彼女をゲットした!
俺の時代が来たと思った。

しかし、恋愛の女神は、私に更なる試練を与えた。
別れた彼女が乗り換えた相手が同じ研究室の友人。
私、元カノ、元カノの彼氏の3人が同じ研究室という、魔のトライアングルを2年間過ごすという牢獄生活。

「社会人になったら、理想の彼女を見つけてやる」
魔の牢獄(学生)生活を終え晴れてシャバに出て新社会人となった私の配属先は、茨城の山奥にある研究所。おいおい。

「こんなとこじゃ、どうしようもねぇ!」
そう思って、就業後に都内に往復4時間弱かけて出向き合コン行きまくった。
しかし、会社は学校じゃねーーーー!仕事も忙しくなり、東京通いが無理になった。
都内に移住するしかない。そのために、渋谷のベンチャー企業に転職。
勢いで道を変えた私を待っていたのは、理不尽な叱責と月100時間超えの残業。

「何かを変えたい、現状を打破したい。変わるなら何でもいい。」

そう思っていた私は、気づくと歌舞伎町の高級会員制クラブでボーイをしていた。
金持ちと美女が楽しそうにイチャつく光景を見ても何も変わらなかった。当たり前か。

「一体、自分は何をやっているのだろう」

そう思っていた矢先、求人サイトで「大切なものを大切にできる働き方を広めています」というフレーズが目に飛び込んできた。

「Marketing-Robotics?マーケロボ・・どんな会社だろう?」

ようやくマーケロボに辿り着いた。
私の現状を聞いた社長に「彼女もつくれない奴に、マーケターが務まるかよ!」という、訳の分からない詰めをされた。
悔しかった。むかついた。しかし、ぐうの音も出なかった。

そこで、日々、マーケロボ流のマーケティングとセールスを勉強しクライアントに伝えていることを、自分の生活でも実行してみることにした。

すると、なんと、90日であなたの会社が儲かる!という本を読んだことがあるが、同じことが起きた。
3ヶ月、90日あなたの彼女が見つかる。という結果が待っていた。
3年間独りのクリスマスを過ごした私が、3ヶ月後には理想の彼女と付き合えていたのです。

本セミナーでは、8つのマーケロボ流マーケティングプロセスを、恋愛に例えて私の実体験をケーススタディに解説します。

①ペルソナ
②カスタマージャーニー
③リードジェネレーション
④リードナーチャリング
⑤リードクオリフィケーション
⑥インサイドセールス
⑦フィールドセールス
⑧カスタマーサクセス

【概要】
マーケロボが提唱するマーケティングの基礎を、恋愛に例えて体系的にお伝えします。
5/15にWeWork新橋にて本セミナーを開催した際、「他の方にも紹介したい内容だった」というお声が多かったため、再度開催することとなりました。
生ビールもご用意しておりますので、ドリンク片手に気楽にお聞きいただけます。

プログラム

18:30~受付

19:00~セミナー開始

1.本セミナー開催のきっかけエピソード
2.マーケロボ流マーケティングの概要
3.実践編
4.まとめ
5.質疑応答

講師

Marketing-Robotics株式会社
コンサルタント事業部 MAコンサルタント

古川 陽一

石川県金沢市生。
積水メディカル株式会社の研究員として、診断薬の開発並びに改良を担当し、上市を経験。
その後、人材系ベンチャー企業での新規開拓営業を経て、Marketing-Robotics株式会社にMAコンサルとしてジョイン。
最大同時に12社を担当し、現在はコンサルの傍ら、サービスの整理・改良を行っている。

詳細


開催日 7/18(木)19:00 ~20:30
開催場所 WeWork日比谷
東京都千代田区内幸町2丁目1-6
WeWork 日比谷パークフロント
参加費 無料
定員 30名
持ち物 お名刺一枚
備考 当日緊急連絡先 080-9683-6083(いずみの)

お申込み

お申込みの際は、個人情報保護方針およびお問い合わせにおける個人情報の取扱いについてにご同意の上、下記のフォームへ必要事項をご入力ください。
また、当日の模様をカメラで撮影し、弊社ブログ・SNS等へ掲載する場合がございます。予めご了承下さい。